関西宣伝作品

Publicity in Kansai

NEW

生きてるだけで、愛。

芥川賞作家・本谷有希子の傑作小説を映画化!
現代の若者たちの心情をリアルに綴るエモーショナルなラブストーリー

劇場&公開初日/上映情報

11月9日(金)
梅田ブルク7
なんばパークスシネマ
MOVIX京都
神戸国際松竹

ストーリーStory

生きてるだけで、ほんと疲れる。鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態の寧子と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながら寧子との同棲を続けている津奈木。そこへ津奈木の元カノが現れたことから、寧子は外の世界と関わらざるを得なくなり、二人の関係にも変化が訪れるが……。
原作は2006年に劇作家・小説家の本谷有希子が発表した同名小説。監督は本作が劇場長編映画デビュー作となる関根光才。生身の人間に宿る心のなまめかしさとざらつきを16mmカメラで映し出した。自分をコントロールできないヒロインの寧子には、「ブラックペアン」での好演も記憶に新しい趣里。繊細な危うさと感情豊かな力強さを体現した演技力はまさに女優としてのターニングポイントを確信させる。その相手、津奈木役には今年第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝き、名実ともに若手俳優の頂点に上り詰めた菅田将暉。津奈木の元・恋人、安堂役に仲里依紗。その他、松重豊、田中哲司、西田尚美、石橋静河、織田梨沙ら実力派キャストが脇を固めている。

キャスト&スタッフCast & Staff

【出演】
趣里 菅田将暉 田中哲司 西田尚美 / 松重豊 / 石橋静河 織田梨沙 / 仲 里依紗 

【原作】
本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)

【 監督・脚本】
関根光才

2018年/109分/©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会
『生きてるだけで、愛。』製作委員会(ハピネット/スタイルジャム/クロックワークス/ひかりTV/日活/オデッサ・エンタテインメント/グラスゴー15/ポニーキャニオンエンタープライズ/コンテンツ・ポテンシャル)

製作幹事:ハピネット、スタイルジャム 
企画・制作プロダクション:スタイルジャム 
配給:クロックワークス