関西宣伝作品

Publicity in Kansai

NEW

家へ帰ろう

EL ULTIMO TRAJE

世界中から大絶賛!観客賞総ナメの感動作!
ホロコーストから逃れた仕立て屋が約束を果たすために70年の時を経て旅に出る、感動のロードムービー

劇場&公開初日/上映情報

12月22日(土)
シネ・リーブル梅田
京都シネマ
シネ・リーブル神戸

ストーリーStory

待っていたのは70年越しの奇跡でした。

ブエノスアイレスに住む88歳の仕立屋アブラハムは、施設に入れようとしている家族から逃れ、ポーランドへと向かうための旅に出る。その目的は、ホロコーストから逃れ自分の命を救ってくれた親友に自分が仕立てた「最後のスーツ」を渡すこと。監督・脚本を手掛けたパブロ・ソラルスは本作が長編映画の監督2本めで、自身の祖父の家が「ポーランド」という言葉がタブーであったことから発想を得、自身のアイデンティティーを確認するために避けて通れないテーマを感動のロードムービーとして結実させた。旅の先々で出逢う女性たちに助けられ、頑なな心を開いていくアブラハムにカルロス・サウラ監督の『タンゴ』(98)で男の色気を余すところなく発揮したミゲル・アンヘラ・ソラ。マドリッドのホテル女主人を『シチリア!シチリア!』(09)のアンヘラ・モリーナが熱演。
本作は、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018国際コンペティション部門で見事に観客賞を受賞したほか、世界各国の映画祭で観客賞を獲得。観客からの絶大な支持を集めている。

キャスト&スタッフCast & Staff

【監督・脚本】
パブロ・ソラルス/音楽:フェデリコ・フシド (『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』『瞳の奥の秘密』) /撮影:フアン・カルロス・ゴメス

【出演】
ミゲル・アンヘル・ソラ (『タンゴ』『スール その先は…愛』)、アンヘラ・モリーナ(『ライブ・フレッシュ』『シチリア!シチリア!』『題名のない子守唄』)、
オルガ・ボラズ、ユリア・ベアホルト、マルティン・ピロヤンスキー、ナタリア・ベルベケ 


2017年/スペイン・アルゼンチン/スペイン語/93分/原題:EL ULTIMO TRAJE/英題:The Last Suit/配給:彩プロ 
© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.