関西宣伝作品

Publicity in Kansai

ロープ/戦場の生命線

A PERFECT DAY

それは、紛争地帯のありふれた一日。
豪華オールスターキャストで描く、停戦直後のバルカン半島。
国際援助活動家たちは、そこで何を見たのか?

劇場&公開初日/上映情報

2月10日(土)
なんばパークスシネマ
シアターセブン
MOVIX京都
神戸国際松竹

ストーリーStory

1995年、停戦直後のバルカン半島。
ある村で井戸に死体が投げ込まれ生活用水が汚染されてしまう。国際援助活動家“国境なき水と衛生管理団”は死体の引上げを試みるが、運悪くロープが切れてしまう。
彼らは、武装集団が徘徊し、あちこちに地雷が埋まる危険地帯を、1本のロープを求めてさまようが、村の売店でも、国境警備の兵士にもことごとく断られ、なかなか手に入れることができない。
そんな中、一人の少年との出会いがきっかけで、彼らが向き合うことになる衝撃の事実・・・そこで彼らは何を目撃したのか?

これは、人々の“命”を守るために武器を持たずに戦う、知られざる真の英雄たちの愛と勇気の日常を、ベニチオ・デル・トロ、ティム・ロビンスら国際的な演技派オールスター・キャストで描いたユーモアあふれる感動のヒューマン・ドラマ。
数々のアーティストによるカヴァーでも知られる反戦ソング「花はどこへ行った」が効果的に使われ、カンヌ国際映画祭での公式上映では、上映後10分間に及ぶスタンディング・オベーションとともに絶賛で迎えられた傑作です。

キャスト&スタッフCast & Staff

監督:フェルナンド・レオン・デ・アラノア
出演:ベニチオ・デル・トロ/ティム・ロビンス/
    オルガ・キュリレンコ、メラニー・ティエリー

2015年/スペイン/カラー/シネマスコープ/
英語・セルビア語・スペイン語・フランス語・ボスニア語/
上映時間:106分/提供:レスペ、中央映画貿易 
配給:レスペ
© 2015, REPOSADO PRODUCCIONES S.L., MEDIAPRODUCCIÓN S.L.U.