関西宣伝作品

Publicity in Kansai

NEW

マイ・ブックショップ

The Bookshop

2018年ゴヤ賞3冠(作品・監督・脚色)受賞/第68回ベルリン国際映画祭 特別上映作品

英国ブッカ―賞受賞作家ペネロピ・フィッツジェラルドの原作を
『死ぬまでにしたい10のこと』のイザベル・コイシェ監督が映画化!

劇場&公開初日/上映情報

3月29日(金)
シネ・リーブル梅田

3月30日(土)
京都シネマ

近日
元町映画館

ストーリーStory

私と本との 一期一会

1959年、イングランド東部の海辺の小さな町に戦争で夫を亡くした未亡人、フローレンス・グリーン(エミリー・モーティマー)がやってくる。彼女の目的は本屋が一軒もない町に、本屋をオープンすること。町の有力者ガマート夫人(パトリシア・クラークソン)をはじめとする、保守的な地元の人々の意地悪で冷淡な態度と戦いながらも、最先端の小説を紹介することで町に文化的な覚醒をもたらそうと、同じ思いを持つブランディッシュ氏(ビル・ナイ)の協力を得ながら開店にこぎつけるが・・・。「戦後のイングランドの静かな町に、人々に読書することを呼びかけ、読書することでより良い人生をおくることができる、と提案することによって、皆に自分を信じる勇気を与えた一人の女性がいた、という意味で弱者にとっての寓話と言えます」と語るのは『死ぬまでにしたい10のこと』のイザベル・コイシェ。ペネロピ・フィッツジェラルド著「THE BOOKSHOP」を映画化した本作は、第32回ゴヤ賞の作品賞・監督賞・脚色賞の3冠に輝いた。

キャスト&スタッフCast & Staff

【監督・脚本】
イザベル・コイシェ 原作:ペネロピ・フィッツジェラルド「The Bookshop」(ハーバーコリンズ・ジャパン刊)

【出演】
エミリー・モーティマー、ビル・ナイ、パトリシア・クラークソン  ナレーション:ジュリー・クリスティ

2017年/イギリス・スペイン・ドイツ/英語/カラー/112分/原題:The Bookshop/字幕:大城哲郎
後援:ブリティッシュ・カウンシル/スペイン大使館/インスティトゥート・セルバンテス/配給:ココロヲ・動かす・映画社〇/配給協力:ミモザフィルムズ
©2017Green Films AIE,Diagonal Televisio SLU,A Contracorriente Films SL,Zephyr Films The Bookshop Ltd.