関西宣伝作品

宣伝 »

宣伝

不能犯
  • 不能犯
  •           

2月1日(木)
TOHOシネマズ梅田
TOHOシネマズなんば
TOHOシネマズ二条
OSシネマズ神戸ハーバーランド 

 

ストーリー

不能犯とは―― 【思い込み】や【マインドコントロール】で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現不可能な行為。そのため、たとえ相手が死んでも罪には問われない。 都会のど真ん中で、次々と起...

≫作品詳細

公式サイト

風の色
  • 風の色
  • Colors of Wind

1月26日(金)
大阪ステーションシティシネマ
TOHOシネマズ二条
TOHOシネマズ西宮OS


 

ストーリー

もし、別次元にこの世界と全く同じ世界が存在し、そこに自分と全く同じ人間が生きていたら? 流氷の北海道・知床と桜舞い散る東京を舞台に、『猟奇的な彼女』『ラブストーリー』のクァク・ジェヨン監督の下、日韓...

≫作品詳細

公式サイト

ヒトラーに屈しなかった国王
  • ヒトラーに屈しなかった国王
  • KONGENS NEI

1月13日(土)
シネ・リーブル梅田
1月20日(土)
シネ・リーブル神戸

近日、 京都シネマ

 

ストーリー

1940年4月9日、ナチス・ドイツ軍がノルウェーの首都オスロに侵攻。降伏を求めてくるドイツ軍に対しノルウェー政府はそれを拒否し、ノルウェー国王のホーコン7世は、政府閣僚とともにオスロを離れる。一方、ヒ...

≫作品詳細

公式サイト

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男
  • ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男
  • DRIES

2018年1月13日(土)
シネ・リーブル梅田
シネ・リーブル神戸

近日、 京都シネマにて順次公開

 

ストーリー

ニコール・キッドマン、ミシェル・オバマ前大統領夫人、そしてアイリス・アプフェルなど、世界のセレブリティやファッション・アイコンが愛して止まないファッションデザイナー “ドリス・ヴァン・ノッテン”。 ...

≫作品詳細

公式サイト

伊藤くん A to E
  • 伊藤くん A to E

2018年1月12日(金)
TOHOシネマズ梅田
TOHOシネマズなんば
TOHOシネマズ二条
OSシネマズ神戸ハーバーランド 他

 

ストーリー

落ち目の脚本家・矢崎莉桜は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚本のネタにしようと企んでいる。 心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを...

≫作品詳細

公式サイト

謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス
  • 謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス
  • El Bosco. El jardín de los sueños

2018年1月6日(土)~
シネ・リーブル梅田
2018年1月6日(土)~
シネ・リーブル神戸
近日、 京都シネマにて順次公開

 

ストーリー

ブリューゲル、ルーベンス、ダリ、マグリットなど、多くの画家に影響を与え、没後500年を迎えた今も、謎に満ちた画家ヒエロニムス・ボス。 人物像の詳細はおろか生年月日も不明。現存する作品は25点のみ。 ...

≫作品詳細

公式サイト

希望のかなた
  • 希望のかなた
  • TOIVON TUOLLA PUOLEN

2018年1月6日(土)~
シネ・リーブル梅田
以降、
京都シネマ、元町映画館
にて順次公開

 

ストーリー

内戦が激化する故郷シリアからヨーロッパへ逃れた青年カーリドは、フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした彼にとって、唯一の望みは生き別れた妹を見つけることだ。一方、しがないセールスマ...

≫作品詳細

公式サイト

牙狼<GARO>神の牙ーKAMINOKIBAー
  • 牙狼<GARO>神の牙ーKAMINOKIBAー

2018年1月6日(土)~
梅田ブルク7
T・ジョイ京都
109シネマズHAT神戸
他全国ロードショー!!

 

ストーリー/販売情報

この世の闇に棲みつく魔獣ホラーと戦う、魔戒騎士たちの姿を描いてきた牙狼<GARO>。道外流牙シリーズ最新作 本作の最大の見所は、流牙・猛竜・哀空吏の3騎士と、復活を遂げた宿敵・ジンガの戦い。更に...

≫作品詳細

公式サイト

オール・アイズ・オン・ミー
  • オール・アイズ・オン・ミー
  • ALL EYEZ ON ME

12/29(金) ~
梅田ブルク7
なんばパークスシネマ
T・ジョイ京都
神戸国際松竹

 

ストーリー/販売情報

エミネム、スヌープ・ドッグ、ドクター・ドレーが惜しみないリスペクトをし続けるなど、死してなおも世界中のアーティストや音楽ファンを魅了し続けている。本作は、センセーショナルなゴシップを放ち続け、常に危険...

≫作品詳細

公式サイト

▲ページの一番上へ