関西宣伝作品

宣伝 »

現在宣伝中の作品

オンネリとアンネリのおうち
  • オンネリとアンネリのおうち
  • Onneli ja Anneli

6月
シネ・リーブル梅田
シネ・リーブル神戸



 

ストーリー

「ムーミン」「ロッタちゃん はじめてのおつかい」「⻑くつ下のピッピ」「⼩さなスプーンおばさん」「ヘイフラワーとキルトシュー」など、世界中で愛される絵本 や童話を贈りだしてきた北欧から新たに届いたのは...

≫作品詳細

公式サイト

男と女、モントーク岬で
  • 男と女、モントーク岬で
  • Return to Montauk

6月
テアトル梅田
シネ・リーブル神戸

以降、京都シネマ

 

ストーリー

作家のマックスは、新作のプロモーションのためにニューヨークを訪れる。実らなかった恋の思い出を綴った小説を携えて。 かつての恋人レベッカと再会を果たすマックスだったが、別れてから何があったのかレベッカ...

≫作品詳細

公式サイト

サバービコン 仮面を被った街
  • サバービコン 仮面を被った街
  • Suburbicon

5月4日(金)
大阪ステーションシティシネマ、
なんばパークスシネマ、
T・ジョイ京都、MOVIX京都、
神戸国際松竹、
TOHOシネマズ西宮OS 他

 

ストーリー

大国が非寛容に振れる現在の社会情勢に、次期大統領候補と噂されるアメリカの良心、ジョージ・クルーニー監督が一石を投じる話題作。ウィットとアイロニーに富む脚本は、コーエン兄弟。マット・デイモン、ジュリアン...

≫作品詳細

公式サイト

きみへの距離、1万キロ
  • きみへの距離、1万キロ
  • Eye On Juliet

4月21日(土)
テアトル梅田
シネ・リーブル神戸



 

ストーリー

第74回ヴェネツィア国際映画祭においてヴェネツィア・デイズ部門フェデオラ賞を獲得し、ヨーロッパの批評家たちから大絶賛を受けた本作。 監督は、『魔女と呼ばれた少女』(12)で第85回アカデミー賞®...

≫作品詳細

公式サイト

大英博物館プレゼンツ 北斎
  • 大英博物館プレゼンツ 北斎
  • British Museum presents: Hokusai

4月14日(土)
シネ・リーブル梅田
シネ・リーブル神戸



 

ストーリー

モネ、ゴッホ、ドガ… 欧州の印象派の巨匠たちに多大な影響を与えた「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」、「北斎漫画」などで国内外に知られる 江戸時代後期の浮世絵師「葛飾北斎」 本作『大英博物館プレゼンツ...

≫作品詳細

公式サイト

ベルリン・シンドローム
  • ベルリン・シンドローム
  • BERLIN SYNDROME

4月7日(土)
なんばパークスシネマ
T・ジョイ京都



 

ストーリー

凶悪なストーカーか? 狂気のシリアルキラーか?彼との出会いは、悪夢の始まりだった…。 オーストラリア人の女性カメラマン、クレアは、ベルリン旅行中にアンディと名乗る男と出会う。彼女はアンディの部屋...

≫作品詳細

公式サイト

バケツと僕!
  • バケツと僕!
  •           

3月31日(土)
第七藝術劇場




 

ストーリー

本作は、第20回講談社ノンフィクション賞を受賞した「無敵のハンディキャップ」(文藝春秋刊)の著者・北島行徳の小説「バケツ」(文藝春秋刊)の映画化。 養護施設で働くことになった主人公と、“バケツ”と呼...

≫作品詳細

公式サイト

ナチュラルウーマン
  • ナチュラルウーマン
  • Una Mujer Fantástica

3月10日(土)
テアトル梅田
シネマート心斎橋
シネ・リーブル神戸

以降、京都シネマ

 

ストーリー

ウェイトレスをしながらナイトクラブで歌っているトランスジェンダーのマリーナは、年の離れた恋人、オルランドと暮らしていた。 マリーナの誕生日を祝った夜、自宅のベッドでオルランドの意識が薄れて亡くなった...

≫作品詳細

公式サイト

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ
  • The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ
  • The Beguiled

2月23日(金)
大阪ステーションシティシネマ
TOHOシネマズなんば
TOHOシネマズ二条
TOHOシネマズ西宮OS
シネ・リーブル神戸 他

 

ストーリー

映画界のみならず、世の女性のアイコンとして長年に渡り君臨し続けるソフィア・コッポラ監督の長編6作目。 ソフィア映画の真骨頂といえば、最高にポップで可愛いガーリーカルチャー全開の世界観であったが、 ...

≫作品詳細

公式サイト

1 2 3 4 5 6 19
  • たまはスーパー駅長
  • たまとたま電車

▲ページの一番上へ