関西宣伝作品

宣伝 » 蠢動-しゅんどう-

蠢動-しゅんどう-

 

劇場&公開初日/上映情報

10月19日(土)全国ロードショー!
TOHOシネマズなんば
TOHOシネマズ二条
TOHOシネマズ西宮OS

  • 公式サイト

映画『切腹』、『上意討ち』、『仇討』から五十年。
「武士道」を縦軸に、「走る」「斬る」を横軸に描く、待望の本格正統時代劇!
豪華キャストと時代劇の最高峰スタッフが集結し、時代劇ファンの夢が、今、実現する!

ストーリー

享保二十年。因幡藩・剣術師範の原田大八郎(平岳大)は、幼き時に父を亡くした藩士の香川(脇崎智史)と姉の由紀(さとう珠緒)から全幅の信頼を寄せられ、師弟関係にある香川の剣術修行の願いを叶える為に奔走していた。
そんな折、城代家老の荒木源義(若林豪)は、幕府から遣わされた剣術指南役の松宮十三(目黒祐樹)の密書を手に入れる。そこには「因幡藩の内情をすべてさぐった」と記され、さらに幕府より西崎隆峰(栗塚旭)が使者として因幡藩に来るとの報せがもたらされる。松宮と西崎を対面させれば、因幡藩は改易、取り潰しになるため、荒木は大きな決断に迫られる。そして、原田、香川、由紀にも…。
1982年に、自主映画初の16mm時代劇「蠢動」を監督した三上康雄が「自分の観たい時代劇映画はない。だから、自分で創る」という信念で、33年の思いをこめ、自ら脚本を書き、監督。全編オールロケ、倭太鼓飛龍の荒太鼓が、5.1chで劇場内を包む、本格正統時代劇の誕生です。

キャスト&スタッフ

  • 監督:三上康雄 殺 陣:久世浩 『たそがれ清兵衛』 照 明:宮西孝明 『最後の忠臣蔵』 音響効果:伊藤進一 『蝉しぐれ』
    出演:平岳大、若林豪、目黒祐樹、中原丈雄、さとう珠緒、栗塚旭、脇崎智史
    2013年/日本/102分/カラー
    配給:太秦株式会社
    ©2013 株式会社 三上康雄事務所

▲ページの一番上へ