関西宣伝作品

宣伝 » 米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー

 

劇場&公開初日/上映情報

9月16日(土)
第七藝術劇場、元町映画館
9月23日(土)
京都みなみ会館
近日、シネマート心斎橋

  • 公式サイト

沖縄返還45年  日本国憲法施行70年  瀬長亀次郎生誕110年 
アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男 瀬長亀次郎のドキュメンタリー映画。
なぜ沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあったー。

ストーリー

第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人“弾圧”を恐れず、米軍にNOと叫んだ日本人がいた。
「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー瀬長亀次郎。
民衆の前で演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させ、米軍の様々な策略と戦い続けた男。
丹念な取材による数々の映像、家族や米軍関係者へのインタビュー、そして本人の貴重な肉声により、
その生き様、そして今の沖縄を浮かび上がらせる。
「筑紫哲也 NEWS23」でサブキャスターを務め、筑紫哲也氏の薫陶を受けた佐古忠彦の初監督作品。
2016年8月にTBS系列で放送され、ギャラクシー賞を受賞した番組に、大幅な追加取材を加え、再編集。
JNNネットワークだけが持つ貴重な未公開映像や音声、豊富な資料から、
民主主義の国アメリカに、民主主義で挑んだ男の闘いを浮き彫りにする。
日々のニュースでは伝わらない沖縄の米軍基地問題の原点が見えてくる。
沖縄を語るなら本作を観てからでも遅くはない。
語りは山根基世、大杉漣。テーマ音楽は坂本龍一の書き下ろし。

キャスト&スタッフ

  • 監督:佐古忠彦 撮影:福田安美 音声:町田英史 
    編集:後藤亮太 プロデューサー:藤井和史 
    語り:山根基世、大杉漣 
    テーマ音楽:「Sacoo」 作曲・演奏 坂本龍一
    2017年/日本/日本語/カラー(一部モノクロ)/ビスタ/ステレオ/107分
    配給:彩プロ
    ©TBSテレビ

▲ページの一番上へ