関西宣伝作品

宣伝 » 母という名の女

母という名の女
Las Hijas de Abril

 

劇場&公開初日/上映情報

6月16日(土)
シネ・リーブル梅田
7月7日(土)
京都シネマ

近日、元町映画館

  • 公式サイト

第70回カンヌ国際映画祭 ある視点部門審査員賞受賞

『或る終焉』『父の秘密』でその才能を知らしめた、
ミシェル・フランコ監督 新たな衝撃のミステリー!

ストーリー

母性などない。あるのは 欲望だけ――
隣にいるのは 母ではなく、 女という 怪物だった・・・。
メキシコのリゾートエリア、バジャルタの海辺に建つ瀟洒な別荘。そこに二人きりで住む姉妹のもとに、長い間疎遠になっていた美しき母が戻ってきた。17歳の妹は同じ歳の少年との間に子供を身ごもっており、突然舞い戻った母は献身的に娘の面倒をみるのだが、娘の出産をきっかけに、自身の影のある深い欲望を忠実に遂行していく…。母にいったい何が起きたのか?彼女はいったい何者なのか――?
闇を覗き込んだ母娘の緊張感あふれる関係にメスを入れ、母、あるいは家族という幻想を吹き飛ばす、『父の秘密』『或る終焉』のミシェル・フランコ監督、衝撃の最新作。主演はペドロ・アルモドバル監督『ジュリエッタ』のエマ・スアレス。ギレルモ・デル・トロやアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥを生んだメキシコから、また新たな傑作が到着いたしました。

キャスト&スタッフ

  • 監督・脚本・製作・編集:ミシェル・フランコ (『父の秘密』(12)、『或る終焉』(15))
    撮影:イヴ・カープ (『ホーリー・モーターズ』(12)、『或る終焉』(15))  製作総指揮:ティム・ロス
    出演:エマ・スアレス (『ジュリエッタ』(16))、アナ・バレリア・ベセリル、エンリケ・アリソン、ホアナ・ラレキ、エルナン・メンドーサ ほか
    2017年/メキシコ/スペイン語/カラー/ビスタサイズ/103分/PG12/原題:Las Hijas de Abril/英題:April’s Daughter
    後援:在日メキシコ大使館/配給:彩プロ  
    ©Lucía Films S. de R.L de C.V. 2017  

▲ページの一番上へ