関西宣伝作品

宣伝 » 母さんがどんなに僕を嫌いでも

母さんがどんなに僕を嫌いでも
         

 

劇場&公開初日/上映情報

11月16日(金)
大阪ステーションシティシネマ
なんばパークスシネマ
MOVIX京都
神戸国際松竹
ほか

  • 公式サイト

胸が張り裂けるような壮絶な過去と向き合い、
母の愛を掴み取ろうとした息子の実話が映画化!

ストーリー

20年以上、母の愛を諦めなかった息子の実話

一流企業で働き、傍目には順風満帆な生活を送る主人公のタイジ(太賀)だったが、実は幼い頃から母・光子(吉田羊)に心身ともに傷つけられてきた経験を持っていた。辛い気持ちを悟られまいと、つくり笑いを浮かべながら、本心を隠し精一杯生き抜いてきたタイジ。やがて大人になったタイジは、心を許せる友人たちと出会い、彼らに背中を押されながら、かつて自分に手をあげた母親と向かい合う決意をする。

主人公のタイジを演じるのは、若手俳優の中でもその演技力の高さで一目置かれる存在の太賀。タイジを深く傷つける母・光子役には、実力と人気を兼ね備えた女優・吉田羊。 友人役をスティーブン・スピルバーグ監督作『レディ・プレイヤー1』で人気・注目度ともに急上昇中の森崎ウィンをはじめ、白石隼也、秋月三佳ら勢いに乗る若手俳優が演じ、タイジを支えるばあちゃんを演じた木野花など実力派が脇を固める。母親から拒絶され続けた息子が起こす奇跡の実話。


キャスト&スタッフ

  • 【出演】
    太賀、吉田羊 森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳、小山春朋、木野花

    【監督】
    御法川修  

    【脚本】
    大谷洋介
     
    【原作】
    歌川たいじ「母さんがどんなに僕を嫌いでも」(KADOKAWA刊)

    【主題歌】
    ゴスペラーズ「Seven Seas Journey」(キューンミュージック)

    2018年/104分/配給:REGENTS
    ©2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

▲ページの一番上へ