関西宣伝作品

宣伝 » ビューティフル・デイ

ビューティフル・デイ
You Were Never Really Here

 

劇場&公開初日/上映情報

6月1日(金)
梅田ブルク7
なんばパークスシネマ
T・ジョイ京都
シネ・リーブル梅田

  • 公式サイト

第70回カンヌ国際映画祭 脚本賞&男優賞W受賞

 怪優 ホアキン・フェニックス
         ×        
 鬼才 リン・ラムジー監督 
         × 
 音楽 ジョニー・グリーンウッド (レディオヘッド) 

ストーリー

行方不明の少女ニーナを探し出してほしいという依頼が男の元に舞い込む。
しかしそれは、いつもと何かが違っていた――

元軍人で人身売買や性犯罪の闇に囚われた少女たちを救い出すことを生業とする男・ジョー。幼少の頃のトラウマによる自殺願望に苛まれながらも、年老いた母との静かな生活を営んでいた。ある日、ジョーの元に舞い込んできた行方不明の少女・ニーナを探し出してほしいという依頼は、いつもと何かが違っていた――
『少年は残酷な弓を射る』で世界を熱狂の渦に巻き込んだリン・ラムジー監督6年ぶり最新作。第70回カンヌ国際映画祭で上映されるやその極上の映像美と世界観に絶賛の声が相次ぎ、主演のホアキン・フェニックスは過去最高の演技と激賞。勢いをそのままに脚本賞と男優賞をW受賞した。さらに囚われた少女・ニーナ役を演じた新星エカテリーナ・サムソノフの神秘的な可憐さも特筆に値する。息を呑む映像、ソリッドな音楽、そして孤独なアウトサイダーたちの激しくも繊細な演技に心を鷲掴みにされる傑作が誕生しました。

キャスト&スタッフ

  • 監督・脚本:リン・ラムジー『少年は残酷な弓を射る』『モーヴァン』
    出演:ホアキン・フェニックス(『her/世界でひとつの彼女』)、ジュディス・ロバーツ、エカテリーナ・サムソノフ、ジョン・ドーマン、アレックス・マネット、
    アレッサンドロ・ニヴォラ
    音楽:ジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)『インヒアレント・ヴァイス』『ファントム・スレッド』/原作:ジョナサン・エイムズ「You Were Never Really Here」
    2017年/イギリス/英語/カラー/DCP5.1ch/シネマスコープ/90分/原題:You Were Never Really Here/字幕翻訳:金関いな
    提供:クロックワークス、アスミック・エース 配給:クロックワークス
    © Why Not Productions, Channel Four Television Corporation, and The British Film Institute 2017. All Rights Reserved. ©Alison Cohen Rosa / Why Not Productions

▲ページの一番上へ